So-net無料ブログ作成
検索選択

ルドルフとイッパイアッテナ [にぃにとジィジの言葉]

 ひさしぶりじゃな。わし・・ジィジの登場じゃ。

ルドルフとイッパイアッテナ

ルドルフとイッパイアッテナ

 
 この本。以前ねぇちゃんに読んでもらっとった本じゃが。
 (お忘れの方はトラックバックを)
 ようやく、今日続きを読んでくれてのぉ。
 イッパイアッテナがなんと「字が読める」ということがわかったんじゃ。
 凄いやつじゃ。まぁそれを教えた人間が凄いんじゃが。
 だから、小学校の図書館に入り込んでキョウヨウを身につけとるようじゃ。
 きちんとルドルフを教育しておるし。
 それとやはりわしと同じく以前「飼われておった猫」だということも判明した。
 「タイガー」がどうやら本名らしいのぉ。
 なかなか「泣かせる部分」もあってのぉ。
 「お薦めの本」じゃて。
 ・・・・わしにうちのにぃにを教育するなんていうことは・・出来んでのぉ。
    人の(いや猫の?)言うことを聞く奴じゃないし
    一度パンチをくらわしてやってから、どうもびびっとるようじゃし。
 ・・・おっと、いかんいかん。言葉遣いには気をつけねば。
  この本の中にあったんじゃ。言葉遣いが下品になると思考まで下品になる。
  それを珍しくイッパイアッテナはきつくルドルフに注意しとったな。
  いつかお家に帰れた時に(ルドルフは飼い猫の迷い猫)元の通り上品でい  ないとご主人さんが悲しむぞ!とな。
  イッパイアッテナは弟子でもあるルドルフの中の品格に惚れてもいたようだ。上下関係じゃない学びあうもの通しの絆が猫の友情として描かれておった。まだ続きがあるぞ。楽しみじゃ。
 
イッパイアッテナとジィジの共通点
 「人間に話しかける時はチョー猫なで声」
 にぃにもその声を聞いて「よ~やるなぁ」と。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。