So-net無料ブログ作成
検索選択

四角いジャングル教室ジィジのお話2 [笠山(自動卓)教室]

またまた、わし「ジィジ」の出番じゃ

前回はわしがこの地にやってきた頃の話をしたの~。

冬じゃった。当然次に春がくるじゃろ。

べっぴんが目に付く季節じゃ。

わしが一声かければ・・・。

いやいやあの春は結構苦戦したの~。

若い奴らに一撃くらって随分かあさんに薬を塗ってもらいに帰ったもんじゃ。

傷が深くてしばらくお散歩禁止令が出たこともあったのぉ。

そんな中、黒三毛(黒色が多い)がこの春の「わしの嫁さん」になったんじゃ。

わしには一つ作戦があった。

わしが散歩を長~い時間しておると、かあさんは心配して「カリカリ」を2階の階段を上がったところに置いておいてくれるんじゃ。

わしはそれを愛する「黒三毛ちゃん」に差し上げるわけじゃな。

もちろんどんなべっぴんが現れても「黒三毛ちゃん」以外には「カリカリ」には触れさせない!

黒三毛は「まぁ。そんなにわたしのことを」と・・・まぁこうなるわけじゃ。

おかげさんでこの春もわしは子孫をたくさん残した・・・愛する黒三毛ちゃんだけがどこかへ行ってしもうたがな。          <つづく>

「補足」

私がこの「カリカリ」の置いてあるところへ向かって階段を上がったとたん子猫が2階からダイブしました。そのあと「ジィジ」は何食わぬ顔で、「えっ?何かありましたかいのぉ?」と。子猫が着地した「ドドン」という音は聞こえましたが、途中の空中で3回転をやっていたかどうかは見損ねました。残念。

ジィジは結構子煩悩な親父です。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 

nice! 1

コメント 2

うちのたまよりずうと先輩のようですね。
しかも「おとうちゃん」でもあるらしい・・・外で暮らして
いろいろ経験も豊富・・・
ネコさんもいろんな人生・・いやいやネコ生があるんだなぁ~~と思います^^
by (2006-01-04 22:02) 

mamachi

たま様コメントありがとうございます。
たまちゃんはとっても綺麗な男の子。
お家でたまさん達ととっても幸せに暮らしていらっしゃるんですね。
ネコさんの幸せなご様子をこれからも楽しみに訪問させて頂きます。
by mamachi (2006-01-05 15:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。